弁護士費用

1.法律相談料(外資系企業との労務問題について)

(1) 初回、および2回目まで:
 各30分無料
(メールでご予約の上、電話・Zoom・Skype等での法律相談が可能。土日祝及び平日夜間も対応します。)

(2) 3回目以降:
 30分あたり5500円(税込)を頂戴いたします。

2.報酬等
※着手金及び報酬金の2つからなる、一般的な報酬体系を採用しています。

(1) 交渉のみで解決可能な場合
 着手金:16万5千円(税込)
 報酬金:経済的利益の16.5%(税込)

(2) 交渉から労働審判・訴訟に移行した場合
 着手金:11万円(税込)を(1)に追加
 報酬金:経済的利益の16.5%(税込)

(3) 上記以外の報酬体系
 依頼者様との協議により、異なる報酬体系での事件対応も可能です。お気楽にご相談下さい。

3.その他

(1) 別途、切手代等の実費、及び手続費用等が掛かる場合があります。

(2) 弁護士の関与によって得られた成果を、金銭に換算するのが困難な場合には、
 ①交渉による復職の場合、給与月額の2.2ヶ月分(税込)
 ②労働審判・訴訟による復職の場合、給与月額の3.3ヶ月分(税込)
を基準に、協議により決定します。

弁 護 士 福 田 太 一 (ひまわり法律事務所)

広 島 弁 護 士 会 所 属

取扱業務:企業法務・顧問弁護士/民事事件/刑事事件/家事事件/渉外事件