弁護士プロフィール

ご挨拶

 私は、大学卒業後、米・独・仏の大手外資金融3社において、債券引受部門で2年・社債やデリバティブのトレーダーを15年、計17年余のフロント職を経験しました。2012年に自己都合退職し、40歳を機に一度セミリタイア生活に入った後、司法試験に合格し2019年12月に弁護士登録、その翌月から東証プライム市場上場企業の社外監査役(2023年以降は監査等委員である社外取締役)も務めています。
 各外資系投資銀行に在職していた間は、2008年のリーマン危機の後を中心に、会社の内側から多数のリストラ事例(退職勧奨・不当解雇・不当なPIP等)をごく間近で見てきました。また、外資系企業における採用・昇給・人事評価・社内政治・海外拠点との力関係などの実情に通じているほか、厳しい交渉を数多くこなした経験を有し、国内外に幅広いネットワークを持つ弁護士として、会社側と完全に対等な立場で交渉を行うことが可能です。社会人経験が長く、現役のプロフェッショナルである皆様との意思疎通に困ることはありません。更に、実務経験及び自己研鑽によって相応の英語力を備えており、英語での相談対応や交渉、英文契約書のチェックも日常的に行っております。

 外資系企業に一定期間の勤務歴が有る弁護士や、実務で英語を日常的に使用した経験のある弁護士は、日本全体で見てもかなり数が限られています。更に、そのような弁護士の圧倒的多数は「会社側」の弁護士となる傾向にあるため、外資系企業の内側を知り、かつ相応の英語力を有する弁護士が労使紛争において「従業員側」の代理人を務めるケースは非常に限定的です。
 私は、外資系企業の社内事情を良く知り、更に東証プライム市場上場会社の役員として企業側の論理も理解しつつ、外資系企業の労務問題については「従業員側のみ」を支援する極めて稀な弁護士として、従業員の皆様が会社と交渉を行う際の公平妥当な紛争解決の実現や、その後の円滑なキャリア形成に、少しでも役立ちたいと思っています。

 一人の弁護士として、私が取り扱うことが出来る案件の数はおのずと限られています。ご縁を頂いた数少ない方々に最大限の成果を提供し、前向きな気持ちで次の第一歩を踏み出して頂けるよう、最善の努力を尽くします。

学歴・職歴

1995年3月
東京大学法学部卒業

1995年4月
メリルリンチ証券 債券部
債券引受、社債・地方債・利金債・円建外債・ユーロ円債トレーダー

1999年5月
ドイツ証券 国債トレーディング部、クレジットトレーディング部
債券・クレジットデリバティブトレーダー

2011年3月
BNPパリバ証券 クレジットトレーディング部
債券・クレジットデリバティブトレーダー

2012年7月
BNPパリバ証券を円満に自己都合退職(外資金融歴17年3か月)

2019年12月
弁護士登録(広島弁護士会)

2020年1月
東証一部(東証プライム市場)上場企業 社外監査役・独立役員

2023年1月 
同社 社外取締役(監査等委員)

資格・語学・学会等

  • 証券外務員一種・証券内部管理責任者(日本証券業協会)
  • FINRA Series-7(米国証券外務員)
  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
  • TOEIC990点(2014年)
  • 英語検定1級(2020年)
  • 金融法学会(2021年)

弁 護 士 福 田 太 一
(ひ ま わ り 法 律 事 務 所)
日本弁護士連合会 登録番号 58849

〒730-0013
広 島 県 広 島 市 中 区 八 丁 堀 5-22-101
TEL 082-227-5575
FAX 082-227-5535
EMAIL info@gaishi-bengoshi.com

弁 護 士 福 田 太 一(ひまわり法律事務所)

広 島 弁 護 士 会 所 属

取扱業務:企業法務・顧問弁護士/民事事件/刑事事件/家事事件/渉外事件